大学受験勉強攻略法
大学受験生のために合格を勝ち得る受験勉強法を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今ここで基礎をもう一度
暑かった夏も終わりいよいよ受験勉強もラストスパートが近付いてきましたね。

夏の間は十分な勉強をすることができましたか。

いまひとつ、波に乗り切れなかったという受験生もまだあきらめてはいけません。

秋から頑張れば、逆転合格のチャンスはまだまだたくさんありますのでね。


重要な事はいくらあせって頑張っても、
基礎ができていないようでしたら上積みは難しいということ。

気持ちばかり焦り、応用問題に挑戦したくなる気持ちはよくわかります。

でも、ここは気持ちをぐっとこらえて、
もう一度基礎知識が整っているか確認してみてください。

これは英語、数学、国語、社会、どの科目にだって必ず当てはまることです。


「基礎なくして応用なし」

この言葉を秋の大学受験生に送ります。
スポンサーサイト
入試本番迫る
ついに入試直前。いやだぁ。
この時まで一年間、大好きなサーフィンもせずに勉強してきた。(つもり)

これで結果が出てしまうと思うと辛い。もしかして希望の大学に合格することが出来なかったら。。。。

自分のこの一年は無駄になってしまうのでしょうか?別に覚えたくて覚えた英単語や年表ではないので、
多分一瞬で忘れてしまうだろう。そんな空しい思いだけはしたくない。

不安と期待が入り混じって、ドキドキだ。

もしも合格することが出来たなら、結構自分は頭がいいと勘違いしてしまいそう。
そうしたらもっと難しい資格試験とかに挑戦してみるのもいいかもしれない。
司法試験とか司法書士試験とかね。

それもこれも合格してみないと。本番頑張って、実力がはっきできるといいなぁ。。。
古文の助動詞は勘弁して
毎度のことではあるけれど、

この助動詞(古文)の暗記って何とかならないものなのかね。


いい加減つかれたわ・・・。



それにしても何でこんなことを覚えてなくてはいけないのか考えてみた。

そんな暇があるなら、覚えればいいじゃん。助動詞。

損な突っ込みは聞きたくない。
やるしかにだろ!新大学生!
もしも今年もだめだったらどうしよう。

そんなことばかり考えていた直前期。

いよいよ本番もあと少しだけ。

ここで気持ちを高めていかないと合格することができないぞ。

さて、もし大学生になれたらどんなことをしたい?


自分の可能性を思う存分に開かせてみたいよね。

どこまで登ることができるのだろうか。


それを徹底的に試してみたいのだ。



やれるかな。


やるしかないだろう。


もちろんそれなりの努力はするのだから・・・。



がんばれ新入生。

がんばれ自分。
今年の受験の問題とインフルエンザ
今年の大学受験は大変だ。

もちろん、インフルエンザのことである。

今年流行した新型インフルエンザに対応するために、
各大学やセンター試験実施などで混乱しているようである。

では、当の受験生はどのように対応すればいいのであろうか。

問題点はいくつもある。

いくら気をつけていても大学受験生が街中を歩いていれば、
インフルエンザや感染症に感染する可能性は否めない。

そして、それが試験会場などの大人数の集まる場所で集団感染しないとも限らないのだ。


もっともそんなことばかりを気にしていては受験勉強にも決して身が入らないだろう。

集中力を高めるように気を配りたい。

さらには人間関係の問題も浮上しているようだ。

なにかと精神的に不安定になりがちな大学受験生の諸君は、
気をつけてこれからの受験シーズンに臨んでほしい。

健闘を祈る。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。